ブックタイトルyomu69

ページ
3/4

このページは yomu69 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

yomu69

ブックを読む

Flash版でブックを開く

概要

yomu69

画像はイメージです品絶まちおこしの一環として、いま大人気のB 級グルメ。全国を飛び回るカサマ営業陣が出会った、絶品B級グルメをド~ンとご紹介!私の担当先であります、岩手県一関市の「いちのせきハラミ焼き」をご紹介いたします!鶏ハラミ肉を味噌ベースの特製だれに漬け込み、にんにくの芽・たまねぎを加え鉄板で香ばしく炒め、たっぷりの千切りキャベツと一緒に食べます。鶏ハラミとは鶏の横隔膜のことらしく、1 羽からたった2 枚(約20g)しか取れません!その限られた量と手間数の多さで、一般にはほとんど流通しない希少価値の高い部位なのです。ジューシーでコリコリとした独特の食感は、一度食べたらやみつきになるおいしさです。地元のなじょべった隊の20 代~ 30 代の方々が中心となり、地域をもっと元気にしたい!と地域食材に注目し、生まれたのが「いちのせきハラミ焼き」です。一関市へお寄りの際には、是非、食べてみてください!ご飯の上に千切りキャベツが敷かれ、甘味ソースに浸した濃厚な茶色のカツがドンブリを埋め尽くす。会津若松では「カツ丼」と言えば「ソースカツ丼」のことを指し、長年愛され続けています。加盟店が20 店にのぼる「伝統会津ソースカツ丼の会」によると、その誕生には3 つの説があると言われています。1 つ目は『大正時代、洋食のコックさんが手軽に作れる賄に、鰻の蒲焼からヒントを得て、残った肉をカツレツにして、甘めのソースを絡めて丼に盛ったのが始まりとされた』説。2 つ目は『戦前、市内の食堂の店主が新たな味を求めて、東京から洋食のコックを招き、試行錯誤の末ソースカツを生み出し広めていった』説。3 つ目は『戦後、物資が不足していた頃、手軽に食べられる庶民のごちそうを作ろうと考えていた市内の食堂の店主が、東京においしいものを求めての旅に出て、出会ったソースカツをアレンジして、オリジナルソースで煮込んいちのせきハラミ焼き会津ソースカツ丼間違い探しの答え:1.短冊に書いてある文字、2.UFOに宇宙人が乗っている 3.流れ星の向き 4.ひこ星(レッド)の帽子 5.織姫(ピンク)の羽衣が赤いタオルに 6.ひこ星(レッド)の着物の腰ひもの結び方 7.宇宙服の人(ブルー)のヘルメット部分 8.笹に飾ってある短冊の数 9.UFOの下の部分の色 10.天の川の星が1つヒトデに 11.織姫(ピンク)の着物の合わせ 12.地球が月に       独特の食感がやみつきに!TAKAURAKITAKAZEだカツ丼に仕上げた』説。お店によって味もスタイルもさまざまなので、いろいろなお店を食べ歩いて自分好みの味に出会う楽しみもあります。※ちなみに私が食べた写真のカツ丼は、ソース味で卵とじにした、その店オリジナルの「煮込みソースカツ丼」です。 伝統会津ソースカツ丼のうたも聞いてみてくださいそろそろご検討の時期ではございませんか?年末のご挨拶時にお渡しされるカレンダーを各種ご用意しております。名入れ印刷・オリジナルデザインも対応!お気軽にお問い合わせ下さい。バリアブル卓上カレンダーバリアブル壁掛けカレンダー個人名はもちろん 法人名もOK壁掛けカレンダー卓上カレンダー丸型卓上カレンダークリアしおりクリアファイルカレンダーカレンダークリアしおりセットカレンダーカレンダー○○信用組合○○銀行CALENDAR○○信用組合VOL.69