ブックタイトルyomu68

ページ
2/4

このページは yomu68 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

yomu68

ブックを読む

Flash版でブックを開く

概要

yomu68

防磁通帳ケース「自分が持っている○○銀行の通帳はエラーが起きないのにお宅の通帳だけエラーが起きる。」と言われたことはありませんか?実は近隣の金融機関でも同じように「自分が持っている○○信用金庫の通帳はエラーが起きないのにお宅の通帳だけエラーが起きる。」と言われているのです。たまたまそのお客さまが持っている近隣金融機関の通帳の磁気が弱くなっていないだけです。通帳の磁気ストライプ(MS)に書き込まれた磁気データは、磁石を近づけると端末機やATMでの使用ができなくなってしまいます。原因は、通帳の読み込み部分であるMSに書き込まれていた磁気データが消えてしまった、もしくは弱くなってしまったからなのです。磁石と聞くと普段は関係ないと思われるかもしれませんが、携帯電話やポータブルゲーム機、マグネットボタン付バッグに近づけても消えてしまいます。スマホやタブレットの普及・高性能化により磁力はより身近にあるようになりました。また、そのような電子機器類の小型化が進んだことにより、磁力とMSとの距離も近くなりました。磁気の特性として、距離が近づけば近づくほど影響を受けやすくなります。そのため、磁力と通帳との距離をできるだけ離すことがわかりやすい解決策になるとも言えます。また、MSの経年劣化は磁気の特性からすれば皆無ですが、MSに使用している樹脂素材が長期的には経年劣化するため、物理的な耐久性は低下することになります。ワープロが時代の最先端だった時代や、パソコンや携帯を持っているのは一部の人だけだった、なんて昔とは違います。身近なところに磁気があふれ、それなりの防衛策を考えなければならない時代になったのです。例)事務用品に用いられている磁石は一般的に100~800ガウス、携帯電話のスピーカー部分は200~400ガウス、バッグの留め金は500~1,300ガウス、ネオジウム磁石などでは2,000~5,000ガウスになると言われています。最近では、抗高磁力のMSを使用した「Hi-Co通帳」を採用される金融機関も多くなっています。このMSは、外部からの磁力の影響を受けにくいものになっています。ただ、「Hi-Co通帳」に切替えたいけれど、ATMの入替や改造にかなりの費用がかかるため切替えが進まないという話も聞きます。<磁気ストライプを守る通帳・カードケース>防磁通帳ケース/防磁カードケースに通帳、キャッシュカードやクレジットカードを入れることで、磁気データを保護します。ただし、磁気エラーが完全になくなるわけではありません。MS部の汚れや変形でも不具合が生じますので気をつけてください。1冊だけ入る一般的なタイプのものや2冊保管できる2折りタイプのものなど、いくつか種類があります。よくエラーが起きるお客さまにお渡ししたり、キャンペーンの粗品としてお渡ししている事例が多いです。見本や御見積りなど詳細は弊社営業担当までお気軽にお問い合わせください。 当社では、「ハローアルソンプロジェクト」の支援として未使用の歯ブラシや石鹸を集めています。歯ブラシを買うお金がなく、虫歯になったら抜くしかないフィリピンの子供たち。そんな彼らに歯磨きができる環境を整えてあげたい。そんな思いから始まったのがこの活動です。自分たちの身の回りに当然のようにある歯ブラシや石鹸が足りず困っている人たちに、少しでも役立てるように、この活動を行っています。 2月から活動を始めて、先日までに集まった歯ブラシ・石鹸を活動団体様へお送りしました。今年度も、昨年度に引き続き、献血活動を行いました。石川県赤十字血液センター様に来社いただき、東京・関西営業所の社員も別日に行い、計20名が献血を行いました。集められた血液は、手術やけがで血液が必要な方の役にたてられます。献血活動は今後も継続して行って参ります。CSR活動報告ハローアルソンプロジェクト献 血