ブックタイトルyomu58

ページ
2/4

このページは yomu58 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

yomu58

ブックを読む

Flash版でブックを開く

概要

yomu58

 石川県内の信用金庫5金庫の役職員が、関東一円の知人、業界関係の個人や法人に、約14,500枚の特製ハガキを送りました。 石川県のPRや北陸新幹線のイラスト、金沢開業PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」のイラストがデザインされた特製ハガキには、各役職員それぞれの想いも手書きで添えられました。 3月24日に金沢駅構内の郵便局で行われた投函セレモニーでは、5金庫の理事長が勢揃いし、集まったハガキを持ち込みました。「ひゃくまんさん」が登場すると、駅を行き交う人たちの注目の的となりました。金沢開業が待ち遠しい来春まで、当誌でも北陸の魅力をバンバン発信していきます!金沢開業まで1年となったのを機に、「いしかわ百万石物語ハガキ大作戦」を決行!!百万石物語ハガキいしかわ大作戦!!2015年、春。北陸新幹線が金沢まで開業します。石川県内の信用金庫5金庫様によるひゃくまんさんあと1年!!北陸新幹線金沢開業まで花粉症対策でマスクをされてる方もいらっしゃると思いますが、花粉対策マスク着用では、PM2.5などの有害物質は防げません。ウイルス対策などが施されたマスクを選びましょう。医療用・産業用の高性能な防じんマスクには微粒子の吸入を減らす効果があります。そして必ず、顔の大きさに合ったものを空気が漏れないように着用するようにしましょう。!大油断敵まだ  まだできるだけ体に入れない工夫を。対策・予防法は??「黄砂」や大気汚染の微小粒子状物質「PM2.5」。連日ニュース等でも取り上げられ、外出時にマスクをつけるなどして、気にかけている方も多いのではないでしょうか?中国から偏西風によって日本に飛来し、被害をもたらしていると報道されたことが認知へのきっかけとなりました。黄砂こうさPM2.5 ピーエム2.5&「黄砂」とは中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原など、乾燥・半乾燥地域で、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊、あるいは降下する現象のことです。黄砂とは?黄砂は飛来する過程で様々な大気汚染物質を取り込みます。その中のひとつとして「PM2.5」があります。大気中には、揮発性有機化合物や窒素酸化物などの汚染物質が混ざってできた粒子状の物質が浮遊していますが、その中でも粒径2.5マイクロメートル(2.5ミリの千分の1)以下のごく小さな粒子を「PM2.5」と呼んでいます。PM2.5とは?「PM2.5」は化石燃料や草木などを燃やしたときに発生し、車の排気ガスや工場のばい煙などが主な原因となっています。直径が髪の毛の30分の1程度と大変小さいため、吸い込むと肺の奥まで入りやすく、ぜんそくや気管支炎、肺がんなどの呼吸器系の病気のほか、血管に入り込んで動脈硬化や心臓病、脳梗塞など循環器系の病気を引き起こす恐れがあると言われています。危険!! こんなに外出時には「ウイルス対策マスク」を着ける体内に取り込むことで様々な症状が悪化してしまいます。なるべく呼吸数を増やすような激しい運動は避けましょう。激しい運動は控える※マスクはあくまでも予防です。手洗い・うがい等も実践しましょう。