yomu55

yomu55 page 3/4

電子ブックを開く

このページは yomu55 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
大光銀行様見本見本通帳を刷新大光銀行様は昨年70周年を迎えられました。それを機に、総合口座通帳と普通預金通帳にエコカラフル通帳をご採用いただきました。デザインを刷新し、表紙には銀行様のシンボルマーク「ツ....

大光銀行様見本見本通帳を刷新大光銀行様は昨年70周年を迎えられました。それを機に、総合口座通帳と普通預金通帳にエコカラフル通帳をご採用いただきました。デザインを刷新し、表紙には銀行様のシンボルマーク「ツインスマイル」がデザインされています。環境に配慮して、表紙素材には紙を使用し(従来は布)、更にCO2削減の為カーボンオフセットを採用いただいております。記帳ページはカラー化に伴いユニバーサルデザインを採用いただき、環境に配慮した人にやさしい通帳になりました。VOL.55品絶B級グルメ横手焼きそばまちおこしの一環として、いま大人気のB級グルメ。全国を飛び回るカサマ営業陣が出会った、絶品B級グルメをド~ンとご紹介!2006年の第1回「B-1グランプリ」で準優勝し、地元・横手開催の2009年第4回大会で見事優勝!地元の方々の熱い想いもあり一躍全国的に人気を博すところとなったこの秋田県の「横手焼きそば」は、静岡県の「富士宮焼きそば」・群馬県の「上州太田焼きそば」と並ぶ日本三大焼きそばの一つです。戦後、「元祖神谷焼きそば屋」の店主が地元の製麺業者と協力しながら作り上げたのが始まりで、1965年頃には、駄菓子屋等でも売られるようになったそうです。「横手焼きそば」には、蒸した縮れ麺ではなく、茹でたストレートの角麺が使われます。麺の上には片面焼きの目玉焼きがトッピングされており、付け合わせとして一般的な紅ショウガではなく福神漬けがついています。味は比較的甘口で、各店独自の出汁入りのウスターソースで味付けされるため、若干水分が多めです。キャベツや豚のひき肉などが具として入り、店によってはホルモンが入るようです。目玉焼きの黄身を崩して、ちょっと多めのソースと絡めて食べるのが横手流だそうですよ。よだれが出てきますね。TAKAURA出ました!ご存知、「B-1グランプリ」チャンピオンです!とろける黄身がしっとりとした角麺と絡み合う、甘く官能的な味わいを楽しめました!よこすか海軍カレー明治時代、日本海軍の軍隊食は栄養バランスが悪く、脚気にかかる兵士が多くいました。そこで、イギリス海軍の食事を参考にして栄養面での改善を図ることにし、そこに含まれていたのがカレー風味のシチューでした。日本人の味覚に合うように、小麦粉を加えてトロミをつけて炊飯米にかけたものがカレーライスの原点。栄養バランスも良く、海軍でも人気のメニューとなりました。やがて日本海軍から一般家庭にも伝わっていくのですが、横須賀からカレーが広まったと言われています。現在では"国民食"と呼ばれるまでに日本人に人気の「カレーライス」にはこんな歴史があったのです。横須賀は海軍とともに歩んできた街であり、「海軍カレー」を新たに「よこすか海軍カレー」と名付け、横須賀が「カレーの街」たることを宣言したのです。「よこすか海軍カレー」は横須賀市内でしか食べることが出来ない(商標登録されているらしいです)、明治期のカレーを再現した昔懐かしいカレーです。明治40年発行の日本海軍の軍隊食のレシピを記した「海軍割烹術参考書」の中にも作り方が書かれています。横須賀市のいたるところで「よこすか海軍カレー」「カレー関連商品」が販売されています。カレー粉と小麦粉を炒って作ること、具材には牛肉か鶏肉、ジャガイモ、たまねぎ、にんじんを必ず入れること、牛乳とサラダを添えて薬味にチャツネ※を付けることを基本としています。各加盟店でオリジナルを加えた様々な「よこすか海軍カレー」が提供されています。横須賀へ行く機会があれば是非一度食べてみて下さい。※…野菜や果物を煮つめたもの。インド料理で用いられる。HIGUCHI