yomu54

yomu54 page 3/4

電子ブックを開く

このページは yomu54 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
ENW今年も販売開始!2014年版いずれの商品も卓上カレンダーとしての使い勝手が良いのはもちろん、便利な機能がついており、さまざまな使い方が出来ます。両面テープを付けてパソコンに設置したり、クリップ機能を使っ....

ENW今年も販売開始!2014年版いずれの商品も卓上カレンダーとしての使い勝手が良いのはもちろん、便利な機能がついており、さまざまな使い方が出来ます。両面テープを付けてパソコンに設置したり、クリップ機能を使って一度に3ヶ月分のカレンダーを確認しながらスケジュール管理をしたり、ペン立て機能を使ってペン立てにしたり!!またお好みでメモや名刺、写真等も挟んでご使用いただけます。名入れ印刷をはじめ、オリジナルデザインにも対応しておりますので、お客様のお好きなデザインや個人名・会社名をカレンダーに印刷することも可能です。さまざまな工夫で特別なカレンダーを作ってみてはいかがでしょうか?タテ置き卓上カレンダークリップ活用CHECK!PC設置アイデア次第で使い方いろいろサイズ:縦100mm×横148mm両面印刷・7枚タイプケースは2種類から選べます。ペン入れケース便利なペン立て付きCHECK!BACKBACK多機能ケースVOL.54品絶B級グルメ彦根ちゃんぽんまちおこしの一環として、いま大人気のB級グルメ。全国を飛び回るカサマ営業陣が出会った、絶品B級グルメをド~ンとご紹介!滋賀県彦根と言えば、国宝・彦根城やゆるキャラの王様“ひこにゃん”がまず頭に浮かびます。でも実は最近、ちゃんぽんが熱いようなのです。うわさを聞き、さっそく食すことに。まずは透明なスープに驚きました。ちゃんぽんと言えば白く濁ったスープでは…と思いながら口に運ぶと、和風であっさりとしながらもしっかりとした旨みが口全体に。このスープが中太の麺に絡んでこれがなかなか・・・。スープはカツオ・昆布ベースとのこと。たっぷりの野菜は全て地元産とのことで、しっかり煮込まれた野菜の甘みがスープにまた合いいえけい「家系ラーメン」ます。店内の案内を読むと、途中で酢を混ぜて、味に変化を持たせるのが定番の食べ方とのこと。もちろんやってみました。味がまろやかになった気が…、ん~ちょっと入れすぎてしまったようです。今度食べるときは適量にしようと強く心に誓いました。彦根のちゃんぽんは約50年の長い歴史があるとのこと。ある食堂の店主が、長崎で食べたちゃんぽんに感動して独自に開発したとのことです。以後、市内の他の食堂にも広がって、いまや彦根の名物になりました。出張中の昼食は、早い安いがありがたい。これからもお世話になりそうな一杯です。和風スープと甘い野菜のハーモニーが絶品、かつヘルシー!YOKOYAMA家系ラーメンとは、1974年以降に登場した神奈川県横浜市磯子区・西区発祥の豚骨醤油ベースで太ストレート麺を特徴とするラーメン及びそのラーメン店群のことです。屋号に「~家」とついているところが多かったところから、家系と呼ばれるようになったとも言われています。それに当てはまらない名称の店も多く、店名の「家」は「や」と発音しますが「家系」は「いえけい」と発音します。家系総本山と言われている「吉村家」またはその系列の店で修行したことを絶対条件とし、味が似ていてもそれ以外は亜流とする意見もあるそうです。神奈川県以外でも千葉県、新潟県、富山県、香川県で「吉村家」直系のお店があります。(コンビニにカップ麺がおいてあるところもあるみたいです)麺はストレート太麺、鶏がらを使った豚骨醤油がベースで、茶色がかっているスープが多く、一般的に味が濃く、こってりしています。具はチャーシュー、大型の海苔、ホウレン草が基本となり、きざみネギやにんにくがのっているお店もあるそうです。また、チャーシューの煮汁で煮た味玉をトッピングとして提供しているお店もあるそうです。今では横浜名物のひとつになっている家系ラーメン。豚骨醤油の独特なスープはクセになるかもしれません。濃いめでインパクトがある味わいだと思います。モチっとした太麺との相性は抜群です。近くにお立ち寄りの際には召し上がってみてはいかがでしょうか。今では横浜名物の一つとなっている家系ラーメン。豚骨醤油の独特なスープはクセになるかもしれません!KITAKAZE